雑食シネマライフ

全ての映画に敬意を。

【ミニレビュー】PLANET OF THE APES/猿の惑星【映画】

★★★☆☆

昔は好きだったのに、この映画。

映画館で初めて観たとき、なんて面白い!と思った記憶がある。
当時の自分はSF的な設定にばかり興奮していたんだろう。
今観てみて、あまりに感情移入できない内容に物凄く落胆した。
こんなひどかったっけ。
この作品の敗因は軸がブレ過ぎなところ。
芯のない物語は不安定。
見所はティム・ロス演じるセード将軍。
最高のキャラクター。ほんと勿体無い。

しかしペリクルーズは最高に可愛いかった。
彼(彼女?)だけでも観る価値有り。


【スタッフ・キャスト】