雑食シネマライフ

全ての映画に敬意を。

【ミニレビュー】BULLY / ブリー【映画】

★★★☆☆

愚か過ぎ、想像力が無いにもほどがある
これが実際に起きた事件だなんて、あんまりだ
誰も彼らを止められなかったことが哀しい

でも映画としては正直期待ほどじゃなかった
思いのほか心に響くものがなく、変に観やすい
少年犯罪を扱った最近の映画と比較すると、弱い気がする
シティオブゴッドとエレファントの中間?くらい
ポップでハイテンションなつくりでもなく
本当のリアルに徹することもせず
少し中途半端な印象を受けた(音楽やヌードが微妙)
キャラの描き方もなんか嘘っぽい
ただ比較さえしなけりゃ十分すごい映画だとは思う
若者たちの短絡的な思考や、生き方はリアルっぽいし
人物それぞれに満遍なく焦点をあてていて事件を客観的に見れる
そしてエンドロールでリアリティの重みが一気に増す

ラリークラークの作品は他にも観てみたい
ただこういうテイストで撮るなら実話はやめてほしい気もした
観終わった後だんだんイマイチ感が増してくる
リアルなフィクションが丁度いい感じ


【スタッフ・キャスト】
ラリー・クラーク  ブラッド・レンフロ, ブラッド・レンフロ, ニック・スタール, マイケル・ピット