雑食シネマライフ

全ての映画に敬意を。

【ミニレビュー】ベティ・ブルー (オリジナル劇場版)【映画】

★★★☆☆

オリジナル劇場公開版のレビューです。

渋谷でインテグラルじゃないベティ・ブルーを観てきた。
気性の激しいベティと、あまり主体性のないゾルグ。
彼らの出会いと、個性豊かな人々と、壊れていく諸々がテンポ良く描かれる。
劇中、ふたりが奏でるメロディが印象的。
最後は展開が急すぎなのかあまり感情移入できず、残念。
ただ全体的に好みな内容だったので、近いうちにインテグラルも観たい。
きっと後半にも十分に時間をとってくれているはず。
雰囲気ぶち壊しの滑稽なボカシも無いはず。

とりあえず、長年気になってた映画が観れてスッキリ。
ベティは魅力的だけど恋人にはしたくないなぁ。


【スタッフ・キャスト】