雑食シネマライフ

全ての映画に敬意を。

【ミニレビュー】告白【映画】


★★★★☆

幼さゆえの残酷さ。
禁じられた遊び」とか、そんな映画あったね。
ふと思い出した。

内容は原作にほぼ忠実。
なので、原作既読の自分としては物語に対する純粋な感動はあまり無かった。
ただ、原作で個人的に「不備」だと感じていた部分が映画で上手いこと処理されていた気がしたので、作品としては映画の方が好きだったり。
そして何より、演出、ビジュアル面の完成度の高さ。
中島監督にはキューブリック黒澤明のような完璧主義の匂いを感じる。
自分の中で「こうあるべき」というイメージがしっかりあるんだろうなあ。

計算しつくされた映像や音楽。面白くて考えさせられる内容。
これこそ映画、と思える映画だった。