雑食シネマライフ

全ての映画に敬意を。

【ミニレビュー】ロシア映画DVDコレクション ロマノフ王朝の最期[デジタル完全修復盤]【映画】

★★★★☆

ずっと探してた映画発見。
ロシア革命にハマってたころレンタル探しまわったけど、どこにも置いてなかった作品がやっと観れた。DVDじゃなかったけど・・・。

ニコライ二世を中心に描いているものを期待して観てみた。
残念ながら、おもいっきりラスプーチンが主役だった。
てかもうラスプーチンすごすぎ。あの異常な雰囲気、狂ったオーラが怖い。

内容は、途中からわけわからなくなってくるというか、予備知識ないとサッパリだと思う。登場人物やたら多いわりには、映画としてまとまり切れてないというか。まとめるつもりがないというか。それはそれで好きだったけれどね。
どちらかと言うと、苦悩するニコライ二世を見たかったし、家族の描写もほとんどなくて、ちょっとガッカリ。ラスプーチン中心に描いたから仕方ないんかな。ニコライ二世一家の悲劇も最期まで描かれてなかったしね。

革命当時に撮影された映像が挿入されてたり、ニコライ二世ラスプーチンを紹介するナレーションが入っていたり、その時代の雰囲気とかはよく解ってよかったかな。


【スタッフ・キャスト】
 アレクセイ・ペトレンコ