雑食シネマライフ

全ての映画に敬意を。

【ミニレビュー】美女と野獣(ジャン・コクトー 実写映画)【映画】

★★★★☆

ディズニーのとは印象が全く違う気がする。
====
醜さが表に出まくりな登場人物。中途ハンパにちょっとウケル。
野獣もベルも、感情移入できない。どこかヤナ部分があるんだよね。
ディズニーのときは純粋な気持ちで観れたのにこっちはなぜか複雑な気持ちになる。スッキリしないといえばしない話しだし。もしかしたら話の内容より映像を楽しむべきかも。結構、ウオッって思う場面あるんだよなぁ。
ベルが屋敷に入っていくときの映像や、首飾り落とすシーンとか。

うーん。正直ディズニーの方が好きかもしれない。こっちも嫌いじゃないけどね。


【スタッフ・キャスト】